やってみよう☆

プロジェクションマッピングをやってみたいと思い、プロジェクターを買ったので、その様子を書いていきます。

プロジェクターを買いました。ELEPHAS(エレファス)レビュー


アマゾンのプライムデーに思いきってプロジェクターを買いました。

 

初めてのプロジェクターということで、凄く悩んだ末にエレファスのプロジェクターを購入しました。

 

値段と性能を比較しながら、レビューを参考に、値段もそこそこで性能もそこそこのものを選びました。

3300ルーメンで通常価格19888円です。

最初は、本当に安い7000円程度のものを買おうとおもっていたのですが、ルーメン数と解像度など、やはりいいものが欲しいなと思い、思いきって二万円近くするものを購入。



f:id:op33:20180729111652j:image

届きました!

 



f:id:op33:20180729111924j:image

箱の中に箱!

 


f:id:op33:20180729111957j:image

更に箱をあけると発泡スチロール。

 

f:id:op33:20180729112015j:plain

説明書と会社の名刺が乗っかっています。



f:id:op33:20180729112139j:image

8か国語で注意書が書かれてあります。

 

f:id:op33:20180729112159j:plain

そして遂に念願のプロジェクターを拝見です。

第一印象は、意外と大きく存在感があるなと思いました。そして、オモチャ感がなくしっかりしている。



f:id:op33:20180729112225j:image

本体には操作ボタンがついています。

 

f:id:op33:20180729112238j:plain

裏面です。

 

f:id:op33:20180729112325j:plain

こちらが表面。

 

f:id:op33:20180729112337j:plain

説明書は薄っぺらくて読みやすいです。

中国で作られたものなので、たぶん機械かなんかで翻訳したんだろうなと思う日本語がたまにありますが、通じるので全然OKです。



f:id:op33:20180729112652j:image

付属品がない!?と思ったらちゃんと段ボールのわきの部分に入っています。

 


f:id:op33:20180729112829j:image

こちらが付属品。hdmiコードもついているのでありがたい。

 


f:id:op33:20180729122030j:image

電池は残念ながら入っていませんでした。

 

 


f:id:op33:20180729115630j:image

さっそくコードをさしてみます。

 


f:id:op33:20180729115916j:image

なんとなく短かったので家にある延長コードを使いました。

 


f:id:op33:20180729120012j:image

コンセントにさすと、操作ボタンが光ります。

パワーボタンを押すと稼働します。

 


f:id:op33:20180729120131j:image

光が出る場所はどこだ?!と思ったらふたがついていました。

 

f:id:op33:20180729120146j:plain

直視すると目がやられてしまうので注意です。

 


f:id:op33:20180729121958j:image

さっそく壁に映してみるとこんな感じです。

昼間でそこそこ光が入ってくる部屋でこれだけ明るく映ります。夜が楽しみです。

 



f:id:op33:20180729122210j:image

台形補正と、フォーカス調整がついています。

台形補正は上下のみです。


f:id:op33:20180729122254j:image

調整をするとボヤけていた映像がくっきりと映し出されました。

(家の中が狭く、物が沢山あるのでここしか映せる場所がなかった💦)

 

f:id:op33:20180729122810j:plain

さっそく映像を見てみようとhdmiコードでプロジェクターとパソコンを繋ぎます。

f:id:op33:20180729122821j:plain

 


f:id:op33:20180729130527j:image

私が持っていたテキスト本には、パソコン側で操作をすると書かれてあったので、コントロールパネルを開きますが、テキスト本通りにはいかず、てこずります。

 

プロジェクターの説明書を見てもわからず、二時間くらいずっと模索してました( ;´・ω・`)

 

 

f:id:op33:20180729130538j:plain

ネットで検索してやっとみつけたのが、こちらの画面。

Windowsボタン+Pを押すとこの画面が出てくるので複製をクリックします。

 (パソコンの種類によって押すボタンは違うらしいです)

 

 

f:id:op33:20180729144037j:plain

しかし、この無信号のマークが消えてくれません。

 

 

 


f:id:op33:20180729150304j:image

機械の方でボタン操作していましたが、気持ちを切り替えてリモコンで操作することに。電池は単4電池です。たまたま家にあってよかった。

 

しばらく無信号の画面に悩まされましたが、リモコンを使ってソースボタンを押すと、壁の映像に入力切り替えの画面が出てくるので、hdmi1を選択します。


f:id:op33:20180731003153j:image

するとやっとパソコンの画面が壁に映ってくれました!!

 

器械音痴なのでかなり手こずりましたが、映ったときには感動です。


f:id:op33:20180729151514j:image

パソコンでYouTubeを流すとそのまま壁にも同じものが映ります。

 

f:id:op33:20180729151614j:plain

その他、柄模様の壁や凹凸のある場所などで映してみましたが、やはりそれ用のスクリーンや白い壁がないと厳しいです。

アマゾンで白い布を購入したらまたレビューしたいと思います。

 この画面は昼間に映したものですが、夜だとこれ以上に綺麗です。

 


f:id:op33:20180729153314j:image

裏をみてみると一見ネジを取り付ける場所はなさそうにみえますが。

 


f:id:op33:20180729153339j:image

付属品には謎のネジがついてきます。

レビューなどでも意味のわからないネジがついていると書かれてありましたが、ちゃんとつけることができます。


f:id:op33:20180729153510j:image

この部分をほじくります。手では取れないのでハサミでほじくりました。

 


f:id:op33:20180729153619j:image

するとネジ穴が登場。

 

 


f:id:op33:20180729153654j:image 

ねじるとこんな感じで取り付けることができます。

 

 


f:id:op33:20180729153721j:image

これで角度を調整することができます。

 

 

f:id:op33:20180729153740j:plain

横からみるとこんな感じです。

 

 

ということで、プロジェクターのレビューでした。

感想は大満足です。この商品で良かったと思います。

まだとりあえずでの投影しかしていませんが、環境が整ったらまた改めてレビューしたいと思います。